夜回り先生 水谷修さんの講演

懸賞 2012年 02月 26日 懸賞

c0111581_13343477.jpg


20年間、新宿・渋谷の夜の街にくりだし、夜の町でたむろしている、10代の子供たちに
声をかけている・・ " 昼の生活に戻ろう "
 
そして、猥褻なチラシをとり払い、ごみ袋にいれて、
捨てている。  20年間も最初は一人で実行・実践している姿を想像するだけで、
尊敬に値します。
やはり、夜の世界にくりだす、子供たちは、家庭に原因があるとの事・・・
親のいじめ・放任・親が子供の前で喧嘩するのは、まさに、児童虐待にあたると

父親が母親に暴力をふるう、汚い言葉でののしる ・・・ アメリカでは、これだけで、
児童虐待で、逮捕されるらしい。

親は、幼い子供にとしって最初にであう大人です。子供たちは、その大人から、生きる
喜びや生き方、社会性や道徳といった様々な事を学びます。そして、お父さん、お母さんは、この世で
もつとも大切な、もっとも愛する存在 その二人が、子供の目の前で、夫婦げんかしたり、罵りあう
・・・幼い子供の心にどれだけ深い傷を残すことか・・・これを経験した子供は、大人が
恐くなり、いつもびくびくしています。少し成長して小学校にはいると、( 弱い子 ) として映り
いじめにあう。そして不登校になりやすい (子供は゜10褒めて 1叱る ) まさに
褒めて育てるですよね。 家庭のなかでもそうらしいですよ ~ いつも、ご主人に文句ばかり
言われ、叱られてばかりいる人は、うつむいて生活し、ビクビクしている。
それがやがて ( うつ病 ) なりなねないらしい。

奥さんが、奇麗に、生き生きしてほしいなら、まず ( 褒めること 素敵な髪型だね 
~ 素敵な洋服だね ~ お料理が上手だし、美味しいねぇ ) などなど ・・・

これは、反対に、奥様から、ご主人にたいしても言えそうですよね。
子供も、大人も叱られるのは嫌ですよね ・・・ 褒められると お世辞だとわかって
いても、嬉しいものです。 子供や、夫婦の間でも ( ありがとう ) の感謝の言葉は大切だと思います。

父親は、憂さ晴らしに、一杯飲んだり、母親は、友人と、ランチ等で憂さをはらす
機会があるけど、子供は、学校・塾・家庭の中にいるだけで、
気分転換の場がない ・・・ せめて、優しく子供の話を聞いてくれる親がいてほしいと・・・

まだ55歳の若さ・・苦労されているのか、年よりも老けて ( 失礼 ) みえました。
講演の内容は、迫力があり、聞いている人を、まさに、自分もその現場に一緒に
いるかのような感じがしました。
そして、先生の、一言 一言が、身にしみました。

ゆとり教育と今騒がれていますが、子供に、ゲーム器や携帯・パソコンを与えて
いるから、家に閉じこもり、間違った情報を信じて、実行したくなる ・・・
せめて、夜の9時から翌朝までは、やらせないようにしたい、野放し状態では、
いけないと言ってました。

※ 人は、誰かを幸せにするために生きるんだよ

※ 生んだ子を、優しく愛で包み込むのが、親の役目 
 ( 子供が、産んでくれて、ありがとうと感謝されるように ・・・
    そして、私の子供に、生まれてきてくれて ありがとう と言いましょう )

※ 子供に、勉強たせたかったら、親が勉強しなさい

※ 人の為に何かしてごらん ・・・人にありがとうと、言われるために、生きるんだよ

※ お年寄りに優しくしてほしかったら、まず親が、お年寄りに優しくする

電車の中で、お年寄りやお腹の大きい人を見かけたら、親がまず、席を譲ってみせる

まさに、( 親の背をみて、子は育つ ) ですよね

先生が、私は、子供たちに謝りたい ・・・ こういう世の中にしたのは、私達大人の責任です。
子供を受け止めることが大切 ( いいんだよ ) ( ありがとう )
今までの事は、いいんだよ ---でも、これからは、駄目だよ、死んだら駄目だよ

私は、子供に、絶対 ( 頑張れ ) とはも言わない それは、子供が頑張っていないと、
不定していることになるから ・・・

今まで、携わってきた、沢山の問題のある子供たちの例を、話していました。
まさに、体で心で、まっしぐらに、問題にぶっかつて行く姿がありました。
c0111581_13331856.jpg

c0111581_13361685.jpg


講演が終わり、本が販売されていたので、子育て中の娘にもあげようと、
二冊買いました。 本に、先生から、サインして頂きました。

先生は、自分は今、リンパ腫という、癌にかかっています、癌になつたのは、私の寿命
とうけとめ、一切の治療はしません。と、話していました。
私は、すごいショックをうけた。サインして頂いてから話しかけました。

( どうぞ 子供たちの為にも、治療を受けて、長生きして下さい )

悲しくなった。 いつまでも、生きてて頂きたい人です。 今まで、立ち直った子供
達が、どんなに悲しむことでしよう。生きていく支えを失わないように ・・・ 


 
[PR]

by noripdaiana | 2012-02-26 11:24 | Comments(2)

Commented by おくさま at 2012-02-26 22:00 x
noripdaianaさん
本当ですね!
講演を一緒に聴いている様に、良く解る解説されていて感心しました。
この頃、孫を預かっているので、
肝に命じて明日からも世話して過ごします。
良いお話有難う御座いました。

お元気で色々活躍している様子ですね!
ご無沙汰していますが、宜しく・・・・・
Commented by noripdaiana at 2012-03-07 19:48
おくさま  おひさしぶりです。コメント有難うございます。
私も、孫育ての手伝いしていますので、子育ての本読んで、
参考にしています。子供も大人も褒められると嬉しいですよね。
あれから、意識して褒めたり、抱きついたりしています。(^-^)
今になって、自分の子育ては ?? と考えさせられます。

<< 熱海は春らんまん    さるぼぼ人形作り >>