人気ブログランキング |

千葉まで墓参り ・・・ 高速道路は苦手

主人の実家は千葉 ・・・ 長い間墓参りに行ってない ・・・ 気になるので、
お墓参りに行く。  ついでに老人ホームにいるお姉さんの所や、兄弟の
所にも立ち寄りたいと言う事で、車で行くことにした。
何しろ地理音痴の私 ・・・ 頼りはカーナビのみ !!
高速道路は苦手 (@_@;) 後方からの車は少しでもスピードが遅いと煽り立てるし 
・・・ 皆さん運転になれていて上手 !! 
c0111581_21453661.jpg
途中海ほたるで休憩  コーヒーを飲んで一息つく ・・・ 海ほたるを渡り、千葉に行くけど
なんと、トンネルの多い事  どうしてこうも多いのやら ・・・ トンネルも嫌い (--〆)
暗闇の中に閉じ込められているような気がする。

自分が運転して見てつくづく思う事は、隣に座ってのんきに歌を口ずさんだりしていた
自分・・・気配りのない事だったのではと恥ずかしくなる。
高速道路の運転はものすごく気を使うし大変ですよね。
自分が運転してみて初めて分かりました。


c0111581_21471817.jpg
やっとの思いで親戚の家についた、10年ぶりに墓参りをすることが出来ました。
主人のお母さんは、102歳 長男は88才 その連れ合いの人は、92歳 生前
お話したことがあった人達だったので、懐かしい思いでゆっくり墓参りする
ことが出来ました。  墓参りすると何となく気持ちが落ちつくから不思議です。

その後 車で40分かけて、主人のお姉さんの入っている老人ホームに行く。
すっかりご無沙汰していたので、お姉さんの前を通ったのに気がつかない ($・・)/~~~
皆さん同じような顔している・・・なんて言ったら失礼ですが 分かりませんでした。
名前をホームの人に告げてお会いしましたが、面影がありました。
10年もお会いしていないと分からなくなる。 お姉さんも、分かったような ??? 分からない
ような ??? 老人ホームは自分では何もしなくて良いのでボケやすくなるのでは
と思いました。 お姉さんは以前は学校の教師  それでも ・・・・分からないものですね。
何となくさびしくなる。 主人も ( 本当にお世話になったね ) と抱きしめながら涙ぐんでいた。
もう生きている間は会えないかも知れない ・・・ そんな思いがしたのでは

私が故郷に帰省して、高齢の母と別れる時は、いつもこれが最後かも知れないと思うと
抱きついて泣いていたから ・・・ 反対に母に ( 又会えるよ 泣かなくていいよ ~ )
と言われました。  そんなことを思い出してその光景を見ていた。
淋しい別れでもあります。 

日帰りは疲れるので、近くの宿に泊まり、ゆつくり帰る事に ・・・ 高齢の主人には運転は無理と
判断して自分で必死な思いで運転 ( こうなると自分よりl年下の若い主人がよかつたかな )

ラジオもCDも聞く余裕もなく必死に運転したよ ~ ~ 
ホント 高速道路は苦手  恐かった。 でも、今回の体験で少し自信がついたような気もしないでもない。
はたして、何歳まで運転できるのかな ・・・ 人の年は、実年齢ではなく、見かけ年齢なんです
ってね。 例えば、顔色も良く、背筋をきちんと伸ばして、若々しい印象を与える65歳の人は
年よりに見えないし ・・・ 顔色も悪く、腰が曲がり気味で伏し目がちな人は、60歳でも
老人に見えます。  年は 見かけ年齢よ ( ^^) _U~~ いつも若々しくいられるよう
に、目標を持って、緊張感をもち 何事にもチャレンジしましよう 
一度きりの人生だよ  あの時は楽しかったと沢山の思い出をつくりたいもの  !!
 
by noripdaiana | 2014-11-01 21:35 | Comments(0)