人気ブログランキング |

ドイツに行ってきました その3

ドイツの首都ベルリンは、ケムニッツから、バスで265キロ
約3時間かかりました。
毎年、ベルリンマラソンが行われており、4万人が参加するとの事。
森と湖のある、美しい町です。
ブランデルクの門を潜り抜けると、1989年11月9日に崩壊された
ベルリンの壁の後が見られました。

高さ4メートル 長さ40キロ 壁の厚さは20cm この壁が、
東ベルリンと西ベルリンの境界の壁になっていた。
西ベルリンは、経済的にも豊かで、給料がよく、自由な国 !!
皆がこぞつて西ベルリンに行くので、このままだと東ベルリンの
経済が成り立たなくなるので、壁をつくり、人々の流失を拒んだ。

この壁の下には、地雷が仕掛けられており、警備も厳しく、
この壁を無理によじ登ろうとした人々 135名が銃殺されたそうです。
日本では、ニュースで画像など見たことがありましたが、
実際この地へ来て見ると、そういう事があったのをひしひしと感じた。
今は、ベルリンの壁跡を見ようと観光客が多いそうです。
c0111581_20231271.jpg

次に向かったのが、ポツダム広場 ドイツにはいたる所に広場がある。
広々していて、のどかな感じです。馬車や8人乗りの自転車 おまわりさん
も軽装で自転車で ・・・ いかにもドイツらしい風景です。
c0111581_20364335.jpg

歴史の本にもよく出てくる、ポツダム宣言 
アメリカ・イギリス・フランス・ソ連 4カ国の首脳が集まり、戦争を早く終結させ、
その後をいかに統制するかを・・・会議した場所である。
今は観光化されている、ツェツィリエンホープ宮殿
日本からも鈴木首相がよばれ、戦争を終わらせるように勧告したものの、
曖昧な返事 !! その3日後、広島 続いて、長崎に原子爆弾が落とされ、戦争は終結した。
広島に落とされた原爆落下の写真もあり、複雑なおもいでした。
その時、日本が敗戦を認めていれば、広島、長崎には原爆が落とされなかった
のではないかと ・・・ 各国の首脳も、何も原爆まで落とす事はなかったの
ではないのか ・・・の批判もあったそうです。
戦争は人と人との殺し合い・・・絶対してはいけない事です。今も戦時下から、
逃れようと、ドイツに沢山の難民の人が来ていますが、その様子をドイツ
のテレビで見ましたが、実感があり、他人事ではないと思いました。
c0111581_21182141.jpg

c0111581_21485855.jpg

ドイツにきてから毎日晴天 気温は19度 暖かい日が続いてます。
旅行はお天気に左右されるから、本当にありがたい。

夕日の沈む前にと、小高い広場にある、サンスージー宮殿に行く。
宮殿から見下ろす景色は、黄葉に夕日があたり自然の
雄大さを感じます。 こういう自然の中に身をゆだねると幸せな感じがします。
c0111581_21291284.jpg

c0111581_21561839.jpg

バスの中から見かけたバイク集団  車も日本車はドイツでは高額とか・・・余り
みかけませんでした。
c0111581_2204387.jpg

by noripdaiana | 2015-12-07 20:18 | Comments(0)