人気ブログランキング |

象のはな子は幸せだったのでしようか・・・

井の頭自然文化園で飼育されていた、象のはな子が69才で天国に召された。
戦後タイから、日本に・・・子供達に、戦争の傷跡を背負った人々に、夢と、
勇気と、希望をあたえた事でしょう。

あーー69才ね 象では大往生 長生きだったとか ・・・ 
はな子は、幸せだったのでしょうか ・・・ 自然の中で、戯れたかったのでは
・・・ 冷たいコンクリの塀の中で、何を楽しみに生きていたのでしょうか ・・・

今年、1月にパソコン仲間で、タイに行き、タイの象が、サッカーや、風船割り、お絵描き
等、楽しそうにやっていた姿が浮かぶ !! マアネ 象にしてみれば、やらされていたのかも
知れませんが ・・・・ 一日中 コンクリの塀の中にいるより、幸せだったのではないだろうか。

小さい象が、やる気満々で、グランドを走り回ってた姿を見たけど、はな子にも、そんな体験
させて上げられたら良かったのにと ・・・ つくづく考え、思い出しました。
はな子は、サッカーの素質があったのかも ・・・ 絵も上手だったのかも知れません。

はな子は、移動動物園にも行ったとの事。外出も出来たのですね。きっとその時は、はな子にとって、
一生思い出に残る楽しい出来事だったのかも知れません。

動物園で飼育されている動物は、( 食うか、食われるか) の心配はないものの、刺激がなくて、
平凡な毎日なのではないでしょうか ・・・ あーー私は耐えられないかも !!
c0111581_22165725.jpg

はな子 長い間 ありがとう ・・・ おつかれさま ・・・ 天国では、やりたいこと沢山
やってね。 自由になれて良かったね。  本当にありがとう ・・・・   
by noripdaiana | 2016-06-19 22:05 | Comments(0)