思いのままに

noripdaian.exblog.jp

最近感じたこと ・・・ 思うこと

パソコン仲間の別れ・・・

その人がいるだけで、回りが明るくなり、気持ちが和んだ。暫くお会い
していないと、案じていたら、突然の訃報に驚きました。
どうして・・何があったの・・仲間3人でお通やに行く。
写真をみたら、人懐こそうな彼がいた。とても穏やかな、いい写真
でした。80才の人生を彼はどう生きたのか ???
明るくふるまっていたけど、悩みもあったみたいでいろいろ話して
くれました。翌日お見送りして、私はその足で仕事に行った。

仕事しながら、いろいろ考えた。
死ぬとはどういう事 物事が起こる時は、その事により、
良い面と悪い面があります。
人生は、ただ長ければ幸せとはいえないのかも知れません。
その人が精いっぱい生きていたら、やり遂げたら・・
それでいいのかも知れません。
死んだら、もう悩む事もない、苦しむ事もない。何もしなくてゆっくり
眠れるのかと・・・ 若くして亡くなり、後世に名を残した人も沢山います。
神様が一生分頑張ったから、もういいですよ ~ と、呼んだのかも知れません。

 私の兄が、61才で亡くなった時 意識が亡くなり、1ヶ月もの間、昏睡状態が続き
意識が戻っても半身不随になると宣告された。兄が死んでも母は泣かなかった。
涙も見せず、( これであの子は楽になってゆつくり休めると・・・)
ひたすらお経をあげていた。
私は悲しくて、涙が止まらなかった。小さい頃よく可愛がってくれた。
歌が上手できれいな声で歌っていた。私によく( ポマードを買ってきて)といい、
髪に沢山つけておしゃれしていた。凄いハンサムだなぁと思ってみてました。

優しかった、長女と次女も天国に召された。
7人兄弟の私は、もう3人と別れ、4人兄弟になった。
私と三才離れた兄は、五年まえから、脳梗塞で倒れ、体がままならない、話も出来ない、、兄弟三人で、お見舞いに行った時、食事の時間なのに、目を閉じたままだった、、私は兄の目を無理やり手であけて声をかけた、、私が分かる⁉️
うん、、分かる❗とか細い声で答えた。ご飯を、口に運んで食べて頂いた、、あ~こんなになるなら、死んだほうが、、と、つい口に出て、、弟から、見舞いに来てなんちゅうこと言うんじや、、と怒られたけど、、可哀想な感じがした。
兄と同じ年の人がいろいろ活動している人もいるのを見ると、、同じ年なのに、、と思います。
弟は順番にと言うけれど、もし自分が最後に残されたら
淋しいだろうな・・と思う。

先日、主人の友達が、主人より若いのに、年賀状は、寄る年なみにかてず、
来年からは失礼しますのハガキが届いた。
いつも私に年賀状書かせている主人が、知り合いにハガキを出してと言う。
パソコンではなく、筆で書いて、最後の宛先を書いて出した。
近況の書いてある昨年の年賀ハガキを見ていると、一抹の寂しさを覚えた。
もう近況を知ることも出来ないのかと・・・私はまだ今は出さない。
私の友達から届いた人もいたけど・・・もう暫くは書こうと思う。
一年一年 年を重ねると、物ばかりでなく、友達とも ( 断捨離)  
する事になるのかも知れませんね。

そんなことを考える 今日、この頃です。でもね、まだやることが沢山
あるし、来年は、スリランカだよ ~ それを目標に頑張ろう !!
ジ―プに乗って大自然を走るんだ。楽しみがあるといい !!
先に目標があるといいよね。







by noripdaiana | 2018-11-16 21:38 | Comments(0)