<   2011年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

長生きの秘訣は病気をしないこと

病気をしないようにする ・・・・ そうですよね 誰でもわかっていはいるけど
私達の年になると、食後に皆さん申し合わせたように " 薬 " をとりだす。

ねぇ 何の薬飲んでいるの ??? そんなに飲んで大丈夫なの ???
と、つい聞いてしまう。

予病は、日頃の食生活と運動とか・・・毎日、皮つきのリンゴを食べると良いそうです。
リンゴはポリフェノール以外にもカリウムが豊富で血圧を下げる効果がある。
[リンゴが赤くなると、医者が青くなる] と言いますが、血圧を下げる効果も
あるそうです。

それと、" 赤ワイン " メタボ予防と、認知省にも効果があるそうです。
年をとったら、食べ過ぎが一番よくない。腹7分目ぐらいがいいそうです。

食べ過ぎると、ホント具合が悪くなるし、風邪もひきやすくなる。
やはり、胃を休めないといけないのですよね。

食生活も大切ですが、
人との交流がもっとも脳を活性化させるとか・・・趣味を持ち、旅行を計画して
準備して、風邪引かないように気をつけて、体調を整える。
そして、好奇心をもつて、人との交流と会話を楽しむ ~ これが一番かもね

やはり、家に閉じこもるのがよくない。死亡率も高くなるとか ・・・
積極的に外出して、さまざまな人と交流する。これが老化を食い止める
秘訣  仕事をリタイヤしても、社会とかかわり、外に出て行く。


くよくよしないで、前向きに生>きる。これが長寿 すなわち、老化を食い止め
病気を防ぐことになる。


そうね ~ この点 私の性格は、いいかも ( ^^) _U~~
会社やめても、会社に勤めていた時より忙しい毎日を過ごしている。
まぁね ~  家事の掃除・洗濯・料理さえすませば後は自分の時間
ですもの  一週間 スケジュールがつまつている。
毎日、楽しい事を考えて、実行して、充実した毎日を過ごしている。

なんといつても、朝寝できるのが一番の幸せ(^v^) 今まで、時間に追われた
毎日を送っていたから ~ 今は健康で好きな事ができるし、時間もある。
あ・・・ぁ  これで、もう少し若かったらね (*^。^*)

スキーの三浦敬三さんは100歳 
毎日実行していることは、スクワットと首まわし運動  首を前後 左右に
ゆっくり回すと血流がよくなりスッキリするとか。

シワとシミに良いのが、
※ 口を大きく開けて舌を思い切り大きくだす ( 顎が外れない程度にね )
そのまま舌を右 →  正面  →  左 を10回ぐらい繰り返す。
 ( 今まで出会ったことのない山の景色を見て、それをカメラに収め、
  ゆったりと腰をおろし、そのまま静かにこの世を去りたい )

病気にならない努力と生き方をし、自分の好きなことをして、この世を去る

まさに、ピンピンコロリ ・・・ 理想的な生き方だと思います。若さを保つ努力
をして、毎日 心ときめいて 年をとつ たら、新しい事に 挑戦する ! !
こういう 生き方をしたいですね。


今年も、残り少なくなりました。歴史に残る大地震に見舞われ ・・・
震災孤児もたくさんいます。子供たちの事を思うと可哀想でなりません。
悲しみを、苦しみを少しづつ乗り越えていつてほしい ・・・ たくましく
生きてほしいと、心から祈ります。
[PR]
by noripdaiana | 2011-12-27 21:42 | Comments(0)

初めてのピアノ発表会

クリスマスの今日 孫 聖七の初めてのピアノ発表会を見に行く。

ピアノ習い始めたのが今年になってから ・・・ 
ピアノがないのじゃ家で練習できないから、上達しないと思うよ ~

これで練習したら ~ なんておもちゃのピアノを買って行く ・・・
( 鍵盤が足りない ) そうだよね   どうする ・・・
私が青梅の娘の家に手伝いに行った時 聖七の部屋のおもちゃを
整理する 

今の子供は、物を与えすぎている。何かといつては買い与えているから
物が増える一方である。
私の子育て中は、おもちゃは段ボールに一つだけだつた !
外で遊ばせる機会が多かったからかな ~

何とか、ピアノを置けるスペースを確保して、寸法を計って買いに行く ・・・
なんと、置けるスペースにはゆとりが3センチ (--〆) (--〆)

でも、何とか置けた。 可愛い孫の為  買ってあげる事にした。 
さぞかし、練習するかとおもいきゃ ・・・ 漫画やゲームばかり

なーに これーー 練習しなくちゃダメだよね おばあちゃんは、オカリナ一日
一回でも吹くようにしているんだよね ・・・ ピアノも毎日10分でも練習しないと
指が動かなくなるでしよう ・・・ ピアノの練習についていき、練習風景を
irato のビデオで写し、家で見ながら練習する。 とても効果的な練習方法
だと思いますよ ~

今日のピアノ発表会を内心ドキドキしながら見ていた。
c0111581_16165210.jpg

聖七は2番目 
 ((曲は ピーターソングメロディ 雪やこんこん あわてん坊のサンタクロース
 ジングルベル ) ピアノ教室の先生が編曲した曲でした。

緊張した聖七がいた。 先生の方を気にしながら、壇上に上がり、ピアノを
弾き始めた。 ジングルベルでいつもひっかかる所があるけど大丈夫かな(@_@;)

弾き始めたら、スムーズにひつかかる所もなく、上手に弾けた。やつたね 聖七ちゃん
上手 上手だったよ ~ とても嬉しかった。

発表会の途中で、子供たちが飽きないように、ゲームやクイズ出したり、先生も
いろいろ工夫していたようです。
c0111581_22162054.jpg

大学生の子供さんがいるなんて思えない若い先生も一緒に生徒達と、
リトミックスクラスのチビッ子ダンサーが、音楽に合わせと楽しそうに踊っていた。

最後に、今日のピアノ発表会で上手に弾けた人、5人を発表します。
えーーっ そんなのあるんだぁ 生徒の励みになっていいのかも ( ^^) _U~~
私は、もしかして聖七も呼ばれるのでは ・・・ という気がした。

では、5位の人から呼びます。5位は小学5年生の男の子でした。
男の子がピアノ弾くのもかっこいいよねーー軽快に上手だった。
5位ね  まさか4位ではないよね ・・・・ そうしたら、4位 聖七ちゃん 
呼ばれた、聖七が呼ばれた 信じられない --- 勘があたった (^v^)
c0111581_22262450.jpg

5人の子供たちが呼ばれて、お祝の品物を頂いた。

終わってから、聖七が ( おばあちゃん ありがとう うれしい ) と、言いながら
膝にのってきた。 ( 聖七ちゃん おめでとう やったね やつた 嬉しかったよ ~ )
聖七を思い切り抱きしめた。

これから先、自信が少しはでてきて、やる気がおきてくれますように ・・・

私にとっても、聖七にとっても 何よりにも変えられない素敵なクリスマスプレゼントでした。

~  メリー クリスマス ~  忘れられないクリスマスの日でした。
[PR]
by noripdaiana | 2011-12-25 21:04 | Comments(0)

兄弟のお見舞いに帰省しました。

会社を辞めて、やっと時間が取れたので、名古屋の姉 ( 三女 )と
姉 ( 次女 )と兄 ( 二男 )のお見舞いに帰省しました。

鹿児島空港につくと、弟が車で迎えにむきてくれた。
鹿児島空港から鹿屋までは、車で90分かかる。
バスもでているから、バスで帰るよ ~ と言ったけど、
忙しい中、迎えにきてくれた、  あ・り・が・と・う

7人兄弟でも、長男と長女は黄泉の国に召されました。
そして、なんと、 姉と兄も、病に倒れてしまいました。
姉は、病院に入って2年  今は、食べられず、胃蝋の状態。
兄は、2カ月前に、脳梗塞で、一時は意識不明の状態 ・・・

電話で様子は聞いていたものの、どのような状態なんだろうと、
会うまでは、分からなく、とても不安でした。

病院について、義理の姉が車いすに乗った兄を私達が待つ、
待合室につれて来た。

Sちゃん  私が誰か分かる ???

暫くの間、私の顔をみていた ・・・ あーーわかるよ Nさんじゃ ~
私の顔も分かり、名前も言えた。 嬉しくて、兄の手をにぎり、抱きしめた。泣きたくなった。
よかったね  分かるんだね  ・・・ でもまだ、会話は無理でした。
あんなに、話好きな兄だっただけに ・・・ 病気の重大さをつきつけられた


名古屋の姉も分かった。  食欲もあるし、これからの半年 リハビリで
何処まで回復するかが、勝負らしい。

私が、急きょ用意した、あいうえおのエキササイズを、( ひらがなで書いた )
隣に座り、方に手をかけ、ゆっくり読み上げてみた、

あかるく たのしく あいうえお   かっこうつけて かきくけこ ・・・
兄は、書いた用紙を食い入るように見ながら、 あかるく たのしく ・・・
と、言えた。  言えたのには、本当にびっくりした。言えないかと思って
いたから ・・・ これを毎日、大きな声で言ってみてね 
 
翌日も、病院に行く 待合室においてあった、オセロゲームを、
将棋ずきだった、兄に、すすめてみた。

ゲームは無理だったけど、オセロの白・黒のたまをつかむ事ができたし、
将棋みたいに、前にすすめようとしていた。
大丈夫ね 小さいものもつかめている。 これも嬉しい実感 ・・ 手の先まで
使えている。

名古屋の姉と、A3の用紙に、手紙を書いた ・・・毎日、早く元の体に
なりますように、祈っています。

これ、読んでね ・・・ 早く、元気になってね。

もう少ししたら、歩行訓練もはじまるとの事・・・ なんとなく明るい兆し
が見えてきた。きっと良くなると信じている。

翌日は、宮崎の姉の病院に見舞いに行く。

病室にはいなくて、病院内の歯医者に行っているとの事で待合室で
待っていた。いろいろな病気は、歯の治療が大切らしいですね。
特に、歯槽膿漏などがあると、病気を併発するとのことです。

待合室で待っていたら、車いすの姉がきた。
ふたまわりも小さくなったような気がした。

私達の顔と名前もわかり、少しだけど、会話も成立した。
食べられないので、胃に穴をあけて栄養をとっているらしい 
それが、不憫でならない。

兄と同じように、看護婦さんに、用紙を頂いて、あいうえおのエキササイズ
を書いて、一緒に読んでみた。姉は楽しそうに読んでいた。
毎日、大きな口を開けて、大きな声で読んでね ~
うん ・・・ 分かった  読んでみる ! !

近くに、お手玉がおいてあったので、お手玉を姉に渡したら、
お手玉で遊び始めた。 出来るんだね ~ 一緒にやりながら
嬉しいと思った。
やはり、病院にいても、何でもやらなくては、やらせなくては ・・・
と、思いました。
姉は、編み物が得意だったから、毛糸と編み棒を渡したら、まだ
何か編めるのではないかと思い、姉の子供に買ってきてと ・・・
お願いした。

では、またね 会えるといいね ・・・ 小さくなつた体を抱きしめて
別れを告げた。
後ろ髪を引かれる想いがした。 とても切ない気持だった。
ごめんね 一日しかお見舞いに行かれなくて ・・・ そんな気持ち
て、帰り際後ろを振り向くと、車いすの姉が、私達の後を追いかけてきてた。

Tちゃん ・・・ 気がつくと引き返していた自分がいた。
とうとう、泣いてしまった。 悲しい別れだった。

もう少し、近かつたらね  ごめんね ・・・・ 連れ合いも1年前に
亡くなり、どんなにか淋しい事でしよう ・・・ 

鹿児島空港の近くの宿に弟夫婦と4人で泊まる。
以前ブログにも書きましたが、今回見舞いに行った兄達兄弟で
5年位前、同じ宿に泊まり、皆で、ホタル狩りをしたことを懐かしく
思い出す。 あの時は、皆元気だった。 こんな病気になるなんて 

名古屋の姉が ・・・ お見舞いに誘ってくれてありがとう
お見舞いに行って良かったよ  行かれて良かった ! !

私も、お見舞いに帰省できて、本当に良かったと思いました。
電話で案じていたより、思いのほか、元気でいてくれて安心しました。




 
[PR]
by noripdaiana | 2011-12-12 21:44 | Comments(0)

おはなしの世界を楽しむ

昨日は青梅図書館で ~ 光野トミさんのおはなし会 ~
があり、聖七と一緒に参加した。

国立市に在住 1966年に ( ふたば文庫 ) を開設
25年継続して1991年に閉庫  現在は (国立おはなしの会 )
で講師を勤め、保育園・学校・図書館で子供達に ( お話 )
を届け、東京図書館のおばあさんのいす事業で活躍されて
いる方との事でした。

とても控えめで、自己紹介は苦手なんです ~ と、本読み
が始まった。

何も見ないで、語りかけるように、静かに、はっきりとした口調です。

ビリー     たぬきと山伏   ジャックと豆の木

ざしき童士のはなし   若返りの日  白鳥の王女


本の内容もさることながら、思わず笑ったり、聞いてるのは大人の方達
でしたが、皆さん聞きいっていた。

こんなに素晴らしい " おはなし " を生の声で聞いたのは初めての体験で、
感動・感心しました。

約40年もの長い間、おはなし一筋に ・・・ 素晴らしい活動をなされているのですね。
子供や大人に、忘れられない感動と勇気を与えていらっしゃるのでは
ないでしょうか  何でも、長く続けると言う事は素晴らしいものです。

" まさに継続は力なり " それにしても、沢山の本の内容をよく暗記している
ものです。 どういうふうに練習していらっしゃるのか ・・・ 聞いてみたい
気がしました。 世の中には、いろいろな特技をもつている方がいるのですね。
何時までも、続けてほしい ・・・ そんな素晴らしい方でした。
有難うございました。
[PR]
by noripdaiana | 2011-12-04 21:16 | Comments(0)

平林寺の紅葉めぐり・・

11月29日 久しぶりにパソコン仲間とハイキング
これまでは、仕事があったのでなかなか思うように
参加できませんでした。

電車の中で仲間のひとりにバツタリ ・・・ 久しぶりねぇ
ホント、懐かしい再会に話がはすむ
突然歩けなくなってね ~ 何か所も病院や整体・針・お灸に
通ったり大変だつたのよ ~ 

暫くお会いしない間に、いろいろあったのですね。
人は生きていく上で、突然何がおこるかわからないものですね。

" 自分は若いと思っていても、確実に体は年をとっているのよねぇ "

の話に ホント ホント だから、一日、一日を無駄にせず、
大切に生き、時間を有効に使いたいものです。

話に夢中になり、下車予定の東久留米を通過 ~ 途中で急行だから
乗り替えなくてはならないのに ・・・ 集合時間ぎりぎりに到着

幹事さんに ・・・ すみませーん 初めて参加したのに遅刻ぎりぎり

" いいんですよ ~ まだ遅刻ではないですから " その優しい一言に
救われました。 言葉は大切ですよね。これで注意されたら、一日
暗い気持ちになりますよね。

平林寺の紅葉は、まさに見ごろ 紅葉まつ盛りにため息がでそうでした。
c0111581_20491429.jpg

c0111581_1052136.jpg

c0111581_10523648.jpg

野火止め用水をつくるのに貢献のあった、松平信綱のお墓があつたり、
もみじ山とよばれる、まさにもみじばかりの木を植えた広々とした敷地
こんなに、広い寺院にきたのは初めてでした。

春は桜も綺麗とか ・・ 新緑の季節も素晴らしいとの事 又訪れたい
そんな場所でした。

仲間の皆で、食事したりビール飲んだり ・・ 前向きで、元気のいい仲間
にいろいろ励まされます。 そうそう、仲間の1人に、歌を勧められて、火曜日なら
予定ないし、来週から行きたいけど ~ でもねぇ
オカリナの練習くては行けないし ・・・ 思案中

仕事辞めても、いろいろ毎日駆け回っています。
仲間の人に、T さん 仕事ないんだから、又参加してねぇ

こちらこそ、暇だし、いろいろ誘って仲間にいれてね ・・・ 
優しい、紳士の幹事さんにお礼を言って解散した。
こんな素晴らしい平林寺を案内して頂いて有難うございました。
幹事さんいればこそです。ありがたいと思いました。

帰りにパソコンの拠点で来年1月16日実地予定の外遊会の打ち合わせを
バス会社の人に来て頂いて話しあう。

今度は、私達が幹事で企画して、パソコン仲間を案内します。
皆さんに楽しんでいただくにはどうしたらいいか 企画・立案して話しあった。
仲間同士は、お互いに ボランティア精神でね 素晴らしい仲間がいて感謝です。

本当に、今日は素晴らしい紅葉見て、嫌な事も忘れ気持ちがおちついた。

人生いろいろありますが、悩みは、それ自体は悪いのではなく、
後に残すのが悪い ・・・ そうですよね いつまでも引きずらないで
諦めも大切 ・・・ 人生 良いこともあれば、悪いこともあります。
なにごとも、受け止めて、前向きに生きていこう。
[PR]
by noripdaiana | 2011-12-01 10:52 | Comments(0)