<   2012年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

中国旅行  ・・・・ その2

次に訪れたのが、天安門広場  世界で一番広い広場は良くテレビで見るので、
訪れてみると何となく懐かしい光景  ホント広い 綺麗な広場でした。
今も、毛沢東のお顔を見るための行列が続いていた。水晶の棺に納められて
いるそうです。なんと毎朝見に行く人もいるとの事でした。
1時間並べば見れるとの事でした。
私も時間があれば見てみたいと思いました。なかなか見る機会はないですよね。
c0111581_1954271.jpg

c0111581_19545582.jpg

お花がいたる所にあり、花壇も綺麗に手入れしてあり、ゴミ一つ落ちていない ! !
一度訪れた事があると、テレビで見た時、よく分かりますよね。

天安門広場ずたいに、故宮博物館がありました。
c0111581_19593318.jpg

圧倒されそうな建物に、贅沢に使われている大理石 72万㎡の敷地に、999部屋
があるとの事です。 約3.000人の妃がいたとか ・・・
妃って、どうやつて選ばれるのですか ??? 添乗員に聞いてみました。
村の、容姿端麗、頭が良くて、文字が綺麗に書けて、健康な人 ・・・
なるほどね ・・・  でも一度選ばれて、故宮に入ると、二度と出られないとか・・・
3.000人なんて、信じられません。頭のいい妃は、牛にひかれてくる皇帝を、
牛の好きな塩を自分の部屋の前に置いて、皇帝を導いていたとか ????
いろいろいじめもあったそうですよ ~ 嫉妬から、首をはねたり (;一_一)
ラストエンペラーの椅子もありました。 歴史の流れを感じます。
c0111581_2015590.jpg

これは、天壇公園 ここも、広くて、市民の憩いの場になっている。
トランプを広げて、輪になり大人達が何やら夢中になっている。
やはりいくらかのお金を賭けているらしい。

天壇公園の回りは、白い大理石  豪華なつくりです。
北京オリンピックの時の聖火も天壇公園をとおり、聖火台に運ばれたとの事です。
やはり世界遺産と名のつく所は、すごい、素晴らしいの一言につきます。
c0111581_20564118.jpg

c0111581_20225722.jpg

頣和園は、広い湖に囲まれた絵のような美しい所でした。
皇太后の別荘みたいなものです。皇太后が頣和園にいる時は、旗をたてて合図 
するとの事  長い回廊は、散歩道 ・・・ 素晴らしい蒔絵が書かれており、
一つ一つ見ると時間がいくらあつても足りない位 なんと贅沢  ため息が
でそうです。 暫くの間、住んでみたいと思いました。 

続きは ・・・ 又の機会に 
[PR]
by noripdaiana | 2012-10-29 19:55 | Comments(0)

初めての中国世界遺産6か所見物しました。

中国の旅は、羽田発 手続きは自分達でして、中国に着いたら、
添乗員が待っていた。
尖閣諸島の問題等で今、中国に行く人は少ないよね ~ と
思いつつ、キャンセルしないで、勇気を出して参加したけど、
なんと、8名の参加者しかいない ・・・ 25名乗りバスに8名
とは、ラッキイ ( ^^) _U~~

添乗員も若い男性 ・・・ 福島に3年いたとの事で、働きながら
独学で日本語を学んだというから驚き ! ! なにも、学校に行くだけが
勉強ではないのですね。目標があれば、いろいろな勉強方法がある
のです ・・・ 日本にいる間は、仕事は残業しないで、出来るだけ
多くの日本人と話す機会を作ったとの事です。

参加者8名 4人のご夫妻カップルでした。何となく家庭的な雰囲気で、
添乗員さんとも、親しく情報を得ることができた。
いろいろ面白い情報を得ましたよ ~ 

今回は、4泊5日のゆったり旅  6つの世界遺産
( 万里の長城  明の十三陵  故宮博物館 天壇公園  周口店 
 頣和園 ) と、北京動物園に北京オリンピックの時にテレビで
良く見た事のある " 鳥の巣 " や、輪タクに乗り広くて素晴らしい
湖同めぐり  そして、夜はOPで、京劇・雑技団・カンフー伝奇ショー
を見たり、足裏マッサージを体験 中国40.000年の歴史を学び
文化にも親しんだ5日間でした。
同じホテル ( シャングリラホテルは5つ星) に連泊してゆっくり楽しめた。

中国についてすぐに案内して頂いたのは、首都博物館 建物の大きさに
圧倒された。 広々とした館内は、5階まで、エレベーターで行く。
添乗員さんが、中国の歴史を古代の遺物を見ながら教えてくださいました。
c0111581_17113463.jpg

c0111581_17143029.jpg
皇太后の写真がありましたが、以前日本でテレビで田中裕子さんが演じていましたが、
添乗員さん曰く " 田中裕子さんに似てるでしょう " ホント 似てましたよ ~
贅沢三昧な生活をしていて、着るものは全部シルク ・・・ 美味しいもの、体に
良いものを食べていたとか ・・・ やはり頭脳明晰・容姿端麗 だったそうです。
200年の歴史のある京劇も、なんと皇太后に見せるために作られたそうです。
人間の一生は、いろいろですね。

c0111581_17254560.jpg

男なら一度は登らなくては ・・・ と言われる、万里の長城 まるで、富士さんの
山開きみたいな混雑  すごい人 人 人 一日で10万人位は訪れるとか ・・・
なだらかな女坂と、急勾配の男坂があり、男坂は比較的空いていて、私達は男坂に
挑戦しました。 すごい階段に風は強いし飛ばされそう (@_@;) 
でも、何とか制覇しました。 たぶん、もう二度と行かないと思うから、
心残りのないようにね。 紅葉もチラホラ 果てしなく長い道のり。。。
実際に行くと感動します。 万里の長城は6.700kmあるとの事 果てしなく長く
続いています。 まるで山並みを、龍が這っているみたいでした。
c0111581_17471586.jpg
夜は、ライトアップされて黄金に輝いているとか ・・・ ライトアップされた
万里の長城を見るために、すぐ近くにホテルがありました。ライトアップ
された長城も一度見たいものです。 写真は写真集より ! !
c0111581_17522522.jpg

北京オリンピックで使われた競技場 " 鳥の巣 " 懐かしい感じがしました。
鳥の巣の前の広場が広いのには、ビックリ やはり中国は、北京はデッカイ
建物にしろスケールが違う  日本は国土が狭いので縦にたなびいているけど、
中国は国土が広いから、広々と土地を使っています。  続きは又ね ・・・・
夕飯作らなくては ・・・ (-。-)y-゜゜゜ 
[PR]
by noripdaiana | 2012-10-28 17:05 | Comments(0)

ザ・ウインザーホテル洞爺に宿泊 北海道の旅

北海道へは、今回が6度目の旅  四季折々に訪れ、行くたびに
感動と、自然と一体になった感じを覚え、心が癒されます。
今回は、サミットで世界の要人が宿泊した事で、一躍脚光を
浴びた、ザ・ウインザーホテル洞爺に宿泊するのが目的
友人二人で出かけた。
北海道は食べ物が美味しい ・・・ 以前行った時は、タラバガニ
食べ放題や取りたてウニをご飯にたっぷり乗せた " ウニどんぶり "
が忘れられない味  美味しい食べ物を頂くと、幸せな気分になり
満足感に満たされます。

c0111581_152629.jpg
一泊目の、新富良野プリンスホテルでは、バイキングを希望 ・・・ たぶん
バイキングだと、蟹が食べ放題なのでは ??? (^-^) 
期待どうりに、蟹・殻つきの帆立て貝のバター焼き、コックさん焼きたてのステーキ
と、お寿司にラーメン  そして、デザートは、夕張メロンに甘いスイカ、そして
ケーキに作りたてのプリン  このプリンの美味しいこと ( ^^) _U~~
友人と、美味しいねぇ  ホント 美味しいよね ・・・ 幸せ気分を味わいました。
c0111581_15331298.jpg

夕食の後は、徒歩3分 夕闇の中に、ライトアップされた、幻想的なニングルテラス
を散策 買い物を楽しみました。ログハウスみたいに小さなお店が15練
きれいでしたよ ~ 恋人同士だったらムード満点ですよね。
c0111581_1539353.jpg

翌日は、早めの朝食の後 ホテルのすぐ近くにある、富良野・風のガーデンの
花々をゆっくり眺めました。花々が優しく出迎えてくれる ~ そんな感じ ! !
c0111581_15443067.jpg

美瑛・四季彩の丘に行く。お花は、ラベンダーが終り、今は小さな、
鶏頭の花などが沢山植えられていました。
雨と風の中、トラクターに乗り、お花畑を眺めました。
いつみてもキレイですね。手入れする人の苦労がうかがわれます。感謝します。
c0111581_15484243.jpg

憧れの、ザ・ウインザーホテルに到着 洞爺湖が見渡せる、丘の上に建っています。
素晴らしいの一言  ホテルのロビーも広々としていて、ここだけが時間が止まった
ような感じでした。午後8時からは、ロビーコンサート ピアノと歌を聞きながら、
カプチーノを頂きました。食事も美味しい 大浴場は温泉・・・ゆっくり出来ました。
又、訪れてみたい・・・そんなホテルでした。
c0111581_155612.jpg
c0111581_1556429.jpg

北海道は、湖もいたるところにありますし、眺めも素晴らしい 心が癒されました。
[PR]
by noripdaiana | 2012-10-02 14:33 | Comments(0)