<   2014年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

家族旅行で行った鎌倉

聖七や娘 そして、お嫁さんもまだ鎌倉に行ったことがないと言うので、
じゃー 連れて行ってあげよう ・・・ 一泊で鎌倉に行く。
午後からの出発で鎌倉に着いたのは、午後4時過ぎ ・・・
ホテルから徒歩10分で、長谷寺 国宝鎌倉大佛に行けると言うので、
早速見に行く。  長谷寺はともかく  まずは大佛ね ・・・・ 初めて見る大佛に
驚いていた様子 台座を含めると、13.4m 佛身高 11.3m 重量121t 
やはり、デッカイ  優しいまなざしとなかなかの美男子です。
 ( あのねぇ 大佛の中にはいれるから入って来て ・・・ 暗闇の中に入ると鍵が
あるから、その鍵を触ると願い事がかなうというから、見つけて触ってきてね )
私は、1歳のとうりちゃんを抱いて外で待つ ・・・・

( おばあちゃんの嘘つき  鍵は3人でいくら探してもなかったよ !! )

えーーーっ  そう  
おかしいねぇ  あっ そうだ  あれは長野の善光寺 だった !!
もーーぅ 信じられない ・・・ とプイプイ    ゴメン (@_@;)

私っていつもこうなんだよね  
c0111581_2150313.jpg

c0111581_21511474.jpg

なんと、偶然11月15日は、糖尿病予防のキャンペーンで、午後5時からブルーに
大佛がライトアップされるという。カメラマンが沢山待ちかまえていました。
ブルーにライトアップされたのを見たのは初めてで、違った雰囲気でした。

夕食の後 娘とお嫁さんは、ホテルのマッサージに、仕方なく、私と聖七でとうりちゃんを
お風呂に入れて ・・・ 少し泣かれたけど大丈夫だった。赤ちゃんをお風呂に入れるの
何十年ぶりかな ・・・ 懐かしい感触 !!

翌日は、鎌倉駅の近くにある、鶴岡八幡宮に江ノ電で行く、
c0111581_2294449.jpg

八幡宮では、二組の結婚式そして七五三の可愛い姿も見受けられ、外人の方が
カメラにおさめていた。今の結婚式は教会式が多いので、文金島田の花嫁さんを
見るのは珍しいくらい !!

そのあと車で、江の島水族館に行く、イルカのショーやペンギンなど見た。
c0111581_22143263.jpg

c0111581_22145043.jpg

聖七は兄弟がいないので、とうりちゃんを抱いて離そうとしない。 子供が大好き !!
中には、10歳位年の離れた兄弟もいるので、弟と言ってもおかしくないのかも知れません。

楽しい思い出に残る、鎌倉旅行になりました。私は、子供達に思い出を沢山残して
あげたいと思っています。聖七は、いろいろな所に連れて行きました。
大阪、北海道、沖縄 熱海 山梨 など ・・・ 
忘れないでね。いつか一緒に外国に行けるといいね !!  楽しみです。
[PR]
by noripdaiana | 2014-11-30 21:45 | Comments(0)

わたらせ渓谷と足尾銅山&富広弘美術館

 第68回めになるパソコン仲間との旅行は3カ月ごとにいろいろな場所に
出かけている。 なんともう11年になります。 外遊会を発足して以来の
幹事役 ・・・ そしてバス旅行では、添乗員を頼むと高いので、私が添乗員を
勤める。和気あいあいと仲間との旅行は楽しい !!

今回は、足尾銅山&冨弘美術館&紅葉まっさかりの高津戸峡の散策
こんなテーマで仲間に呼びかけメールで募集  40名てバスを貸し切り出発

 天気予報は雨 ・・・ にもめげず出発 なんと群馬方面は秋晴れ !!
c0111581_21241925.jpg

列車のレストラン清流で食事 そして高津峡の散策 はねつき橋をわたり、
勾配の急な階段を降りると赤い橋と大きな岩 迫力があります。
滝が流れ紅葉とのコントラストが素晴らしい
まさに秋を満喫しました。 菊祭りも見られました。
c0111581_21251686.jpg

c0111581_2129914.jpg

c0111581_2126835.jpg

 その後足尾銅山の構内観光は構内入口までトロッコ列車に乗る。
江戸・明治・大正・昭和時代を 約400年間にわたり
掘り開いた坑道の長さの総延長は1.234キロメートル  
その長さは、東京 ⇔ 秋田間に達するとか。  まさに日本一国内最大の
坑内観光  今世界遺産を目指しているとか ・・・・ 
当時たずさわった人達の苦労は口では表せない位 計り知れないものだった
に違いありません。 
c0111581_21265425.jpg

 次に向かったのが冨弘美術館 水彩画で描かれた、素朴で、美しい絵と、詩に
涙がでました。 ビデオで本人の映像 お話する様子も見ることができ、ここに
来なければ見れないであろう体験  
周りの景館も素晴らしく自然の中の美術館がそこにあった。

 帰りのバスの中では、幹事によるエンターティメント 落語に小話 秋の童謡歌を
皆で口ずさみました。 そして皆で、俳句や短歌を作り披露しました。
その一部を紹介  旅の感動  思いが伝わってきました。

● 冨弘の 苦労の末に 光り輝く  ● ふるさとが 思い出された  高津戸峡
● 秋の日に 足尾の穴に 入りして 親父の姿  感謝するのみ

父親が炭鉱夫だったのを思いだした人も ・・・ 秋日和  群馬路訪ねし 外遊会   

                               
[PR]
by noripdaiana | 2014-11-19 21:28 | Comments(0)

東大和年金組合の日帰りバス旅行に参加しました。

ひょんなことから、年金組合のある事を知りました。
いろいろ活動していて、パソコン教室・写真サークル・ボウリング・
カラオケ・男の料理教室・ハイキング・卓球など ・・・ マージャンや囲碁
も教えてくれると言う。 
今は月一度のボーリングに参加していますが、皆さん上手 ビックリ !!
時間があればパソコン教室などものぞいてみたいもの ・・・ 
会員は250名  皆さん会員同士で交友を深め、親睦をかねていろいろ
活動しています。  私のパソコン仲間と似ています。

会員の日帰り旅行があると言うので、昨日参加してみました。
なんと54名参加で。バスの助手席まで使ってのバス旅行  助手席
まで使って危なくないのかしら ・・・ 気になりました。

城ケ島とマグロを楽しむ旅 ・・・・ ですって !!
城ケ島の灯台  城ケ島には江戸時代より、のろし台が設置され灯台としての役割を
果たしてきたとか … 日本では5番目、明治3年に発点灯 標高30mの崖上にたち
相模灘を照らしています。
c0111581_222088.jpg

灯台に歩いて行くと、今朝取れたての生シラスがあるから、食べて行ってと店の人が
声かけてくれた。  生シラスなんて ・・・ 食べたことないし ・・・ 声につられ
1人で食堂に入る。  シラスの上に生姜が乗せてあり、醤油を少しかけて食べた。
c0111581_2264043.jpg

口の中に新鮮さが広がる。  甘くて美味しい ($・・)/~~~ きっと忘れられない
味かな ・・・ ここでしか食べられないかも !!
土地土地でしか食べられない珍味があるのですね。 これも旅にでたから体験
出来ることです。  旅行はいいなーーー 

そして、昼食はマグロを一匹食べつくす ???? マグロにも心臓とか胃袋とか ・・・
まだ食べたことのないところが沢山あるのには驚き (@_@;)
カブト焼きも、ダイナミックでゼラチンたっぷり  美味しかったよ ~ ~
c0111581_2213658.jpg

バスの中では、自己紹介やビンゴゲームにカラオケ ・・・ 私は風邪気味で
風邪薬のんでいたので、眠くて眠くて ・・・ ほとんど寝ていました。

余り観光する場所はなかつたけど、まあね こんな旅もいいのかも知れません。
美味しい食べ物を沢山食べて、海を眺めて  いい旅でした。
[PR]
by noripdaiana | 2014-11-06 22:02 | Comments(0)

千葉まで墓参り ・・・ 高速道路は苦手

主人の実家は千葉 ・・・ 長い間墓参りに行ってない ・・・ 気になるので、
お墓参りに行く。  ついでに老人ホームにいるお姉さんの所や、兄弟の
所にも立ち寄りたいと言う事で、車で行くことにした。
何しろ地理音痴の私 ・・・ 頼りはカーナビのみ !!
高速道路は苦手 (@_@;) 後方からの車は少しでもスピードが遅いと煽り立てるし 
・・・ 皆さん運転になれていて上手 !! 
c0111581_21453661.jpg
途中海ほたるで休憩  コーヒーを飲んで一息つく ・・・ 海ほたるを渡り、千葉に行くけど
なんと、トンネルの多い事  どうしてこうも多いのやら ・・・ トンネルも嫌い (--〆)
暗闇の中に閉じ込められているような気がする。

自分が運転して見てつくづく思う事は、隣に座ってのんきに歌を口ずさんだりしていた
自分・・・気配りのない事だったのではと恥ずかしくなる。
高速道路の運転はものすごく気を使うし大変ですよね。
自分が運転してみて初めて分かりました。


c0111581_21471817.jpg
やっとの思いで親戚の家についた、10年ぶりに墓参りをすることが出来ました。
主人のお母さんは、102歳 長男は88才 その連れ合いの人は、92歳 生前
お話したことがあった人達だったので、懐かしい思いでゆっくり墓参りする
ことが出来ました。  墓参りすると何となく気持ちが落ちつくから不思議です。

その後 車で40分かけて、主人のお姉さんの入っている老人ホームに行く。
すっかりご無沙汰していたので、お姉さんの前を通ったのに気がつかない ($・・)/~~~
皆さん同じような顔している・・・なんて言ったら失礼ですが 分かりませんでした。
名前をホームの人に告げてお会いしましたが、面影がありました。
10年もお会いしていないと分からなくなる。 お姉さんも、分かったような ??? 分からない
ような ??? 老人ホームは自分では何もしなくて良いのでボケやすくなるのでは
と思いました。 お姉さんは以前は学校の教師  それでも ・・・・分からないものですね。
何となくさびしくなる。 主人も ( 本当にお世話になったね ) と抱きしめながら涙ぐんでいた。
もう生きている間は会えないかも知れない ・・・ そんな思いがしたのでは

私が故郷に帰省して、高齢の母と別れる時は、いつもこれが最後かも知れないと思うと
抱きついて泣いていたから ・・・ 反対に母に ( 又会えるよ 泣かなくていいよ ~ )
と言われました。  そんなことを思い出してその光景を見ていた。
淋しい別れでもあります。 

日帰りは疲れるので、近くの宿に泊まり、ゆつくり帰る事に ・・・ 高齢の主人には運転は無理と
判断して自分で必死な思いで運転 ( こうなると自分よりl年下の若い主人がよかつたかな )

ラジオもCDも聞く余裕もなく必死に運転したよ ~ ~ 
ホント 高速道路は苦手  恐かった。 でも、今回の体験で少し自信がついたような気もしないでもない。
はたして、何歳まで運転できるのかな ・・・ 人の年は、実年齢ではなく、見かけ年齢なんです
ってね。 例えば、顔色も良く、背筋をきちんと伸ばして、若々しい印象を与える65歳の人は
年よりに見えないし ・・・ 顔色も悪く、腰が曲がり気味で伏し目がちな人は、60歳でも
老人に見えます。  年は 見かけ年齢よ ( ^^) _U~~ いつも若々しくいられるよう
に、目標を持って、緊張感をもち 何事にもチャレンジしましよう 
一度きりの人生だよ  あの時は楽しかったと沢山の思い出をつくりたいもの  !!
 
[PR]
by noripdaiana | 2014-11-01 21:35 | Comments(0)

最近感じたこと ・・・ 思うこと


by noripdaiana
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る