人気ブログランキング |

今はスーパーに出回っている梅・・・昨年は梅に砂糖を加えるだけで簡単にできる。
梅シロップを作りました。美味しいですよね。

青梅の体育館の敷地の道をオカリナ教室に行くため歩いていると、梅の実が落ちていた。
えーーっ どうしてここに梅が落ちているの ???
ふと上を見上げると大きな梅の木がありました。 梅の木の下には完熟した梅の実が
たくさん落ちていてきれいに輝いていた。 甘い匂いがたちこめている。
あーー 梅 梅 梅が沢山落ちている。 オカリナどころではない・・・
車にもどり、ビニール袋を取りに行く。 沢山収穫した。
 ( 本当は拾ってはいけないのかも (--〆) )

沢山拾ったので、オカリナの先生にも差し上げよう・・・
 ( 先生 完熟した梅いりますか ??? )
( えーー  梅 頂きます)
( あのね  この梅 体育館の梅の木の下に落ちていました )
( あらまあ ・・・  お礼言っていいのかしら ??? )
( ええ・・・拾ってきたのは私ですから ・・・ 私にお礼言って下さい )

たしか、友達のM さんが、梅のジャムの作り方教えてくれたような気がした。
電話してもう一度確認した。( 持つべは物知りの友人ですね。)

作りかたはホント簡単そのもの  
梅を洗ってざるに上げ、梅のまわりに包丁でぐるりと切れ込みを入れ、そのまま、種ごと、砂糖を入れて煮るだけです。 出来上がりに蜂蜜も入れました。
c0111581_2018041.jpg

砂糖を入れて煮ると自然に種と皮がはがれます。 種ごと保存 沢山ある場合は、食べる分量
だけ小さい瓶に入れて、後はビニール袋に入れて冷凍庫に保存 !!

そうそう 今年は友達の家の庭にアンズが沢山取れたので・・・と頂き、これもジャムにしました。
c0111581_2024333.jpg

パンやヨーグルトに入れて、蜂蜜かけて食べると、それは。それは美味しいですよ。
c0111581_20381286.jpg
先日、冷たい水と熱いお湯が何時でも飲めるという機械を ?? 購入 
これがとても便利で、台所に仲間入りしました。何となく文化的な生活・・・って感じかな !!!
朝起きたらまず、冷たい水 (毎月送られてくるこの水の成分はミネラルがたっぷり)
今では、お通じも良くて快腸 ??? です。
by noripdaiana | 2015-06-23 20:00 | Comments(0)

暫くぶりにプロ―グを更新します。 何となくブログ更新する気持ちになれず・・・・
友達に、最近ブログ更新していないけど・・・どうしたの ? 何かあったの ? と電話
頂いて・・・私の事気にかけてくれている友達に感謝します。ありがとう ・・・

5月27日 鹿児島にいる弟の連れ合いが亡くなりました。 まだ64歳の若さでした。
私にとって、実の妹と同じくらい可愛く、愛おしい存在でした。
優しい、思いやりのある。気配りの行き届いた妹でした。 5月20日、妹の容体が良くない・・・
私に会いたいと言っているから帰ってきてくれないか ??? 弟からの電話にびっくりして・・・
翌日 名古屋の姉と鹿児島空港で待ち合わせて、妹のいる病院に向かう。

子宮癌を発症してから4年  抗がん剤治療を始め。久留米まで行き、免疫療法、漢方
などなど ・・・ いろいろな治療を試みたものの、やはり癌にはききませんでした。
もはや自分の死をさとっている妹の言葉に涙が止まらず ・・・ 反対に泣かないで
と叱られました。 病気のせいで体がむくみ、歩くのも困難になり。日に日に自分の体
が思うようにならなくなる。 こんな辛い思いをさせる病気が憎い。
( 姉さん 東京に行って歌舞伎を見たかった。一緒に旅行したかった ) 何と言って
いいか分かりませんでした。 翌日病院に付き添っている、妹や娘さんのためにと・・・
料理を作って持っていく ・・・ 美味しいって食べてくれた ・・・ でもこの食事が最後
で急に食べられなくなったと ・・・ 後で聞きました。 食べて頂いて良かった。
4日間いて、元気だしてね、又来るからね・・・と東京に ・・・それから3日がすぎ、
朝早く弟から、亡くなった。 と電話がありました。

変わり果てた妹の顔を見るのも辛く・・・棺の中の妹は、白いウエディングを着てました。
白いランの花に囲まれパールのネックレスしていました。、薄化粧をしてて、今にも
姉さん ・・・ と起きて声掛けてくれそうでした。  孝ちゃん ・・・・  悲しい悲しい対面
でした。今までほんとうにありがとう。 100歳の母の面倒も献身的に見てくれました。
いろいろな悩みも打ち明けて相談してくれました。 生きているのは、良い事ばかりでは
ないですよね。 でも、でも これから少しずつ自分の時間がとれて楽しい事もあった
のに・・・7人の男の子の孫の成長もみとどけたかったのではと・・・思いました。
私の姉が子宮癌になり帰省した時、親身になって心配してくれて、美味しいもの沢山
食べさせてくれたって・・・姉も喜んでいた。 それから間もなく、妹も同じ子宮癌になる
なんて、、、、聞いた時は信じられませんでした。

弟が亡くなる日、皆に病院に来てほしい・・・と妹から言われ、個室だったので、
子供やその連れ合いに7人の孫・・・1人1人を抱きしめて、ありがとうね・・・幸せに
なってね・・・お父さん ( 弟の事 )を頼むね。  最後の別れを告げて、痛みどめの
注射をして頂いて、深い眠りにはいり、そのまま帰らぬ人となりました。

本当に信じられない・・・こんな別れがあるのですね。 素晴らしい生き方だったのか知れません。
人は必ず死にます。 私もこういう風な別れをしたいと思いました。

7人の孫は、一番下の子が、小学3年 4年 5年・・一番上が高校3年生 小学3年生の
孫は、おばあちゃんの白骨化した姿を見て、どういうふうに思ったのでしょう。
とてもショックだったのではないでしょうか・・・自分の手で骨を箸でつかんで骨壷の中に入れた事、
大人になった時 覚えているのでしようか ??? とても複雑な気持ちでした。

葬儀には沢山の人がいらして下さいました。弟の経営してる葬儀場でしました。
妹も専務取締役で働いていました。 葬儀の中で社葬も・・・今は子供に社長の座を
ゆずつた弟  社長である息子が12名の社員を従え、別れと感謝の言葉を
泣きながら述べていました。 専務であり、母であった妹 
( 専務から教えられた言葉は、人を愛しなさい・・・でした。まだまだ教えて頂きたい
事はたくさんありました ) これから専務の教えを守り、会社を守っていきます。

私も聞いてて涙が止まりませんでした。 お通やだけでも800人の人が、お花も沢山
頂いて、約200 斎場の壁一面が花で埋め尽くされました。東京でもこんな大きな葬儀
は見たことありませんでした。18歳の時、高校を卒業してすぐ子供が出来て結婚、
弟と二人、起業してここまでやってこれたのは、孝子のおかげです・・
・と弟も挨拶の中で述べていました。 苦労も沢山あつた事と思います。本当に偉いと思います。
c0111581_22492865.jpg

c0111581_22254434.jpg

孝ちゃん  さ・よ・う・な・ら  そして あ・り・が・と・う 
やっと痛みから、苦しみから解放されたね。 ゆつくり眠ってね ・・・・

先ほど弟に電話しました。 何かと世話やきの私は  うぜらし(鹿児島弁で、うるさいという意味 !!)
と言いながらも、電話ありがとうと言ってた。 今新しくお墓を作っているんだ。
そう  良かったね。  帰省した時お墓の場所を教えてくれた。7畳ほどもある高台で
見晴らしのいい広い場所でした。  ねぇ 今は和型より、洋型で明るい色の石がいいん
じゃない ・・・ とアドバイス ( そうだね でも決めるのは俺だから ) まぁ  そうね !!

これからが淋しいと思う。 食事も外食が多くなるし、、、気をつけてね。  弟よ !!
by noripdaiana | 2015-06-11 21:57 | Comments(0)